第一犬猫病院は早良区小田部に密着した動物病院です。

ホームへ戻る

 
   
こんな症状はありませんか? 歯周病かもしれません
    
  • 口臭がする。息がくさい     
  • よだれが多くなった     
  • 食欲がない。食べ物の前でじっと見ている     
  • 食べても痛がっている
    特にネコの場合は、食事後に前肢で口をひっかく     
  • 歯茎が真っ赤になっている。出血している     
  • 黄褐色の歯石がたまっている
  •  
    歯周病について

    歯周病とは、     
     歯肉辺縁が炎症を起こす   歯肉炎
     歯周囲組織が炎症を起こす  歯周炎
    を併せた病名です。

    年齢とともに発症する病気で、3歳に達するまでに
    犬では60%、猫においては80%が症状を示すという報告があります

     
    この歯周病を放置していると・・・
        
    歯周病が進行すると、食事をすることで歯肉が傷ついて出血しやすくなります。
    その傷口から歯垢の中の細菌が血液に入り、全身の主要臓器へ運ばれ、
    感染症が引き起こされます。

    咳をしたり元気に散歩に行かないなど、一見関連がないように思われますが、
    歯周病の感染によって心臓に異常が生じることがあります。

    主な感染症

    心臓・・・心内膜症や心筋変性
    肺・・・・気管支炎
    腎臓・・・腎炎
    肝臓・・・肝臓疾患
    神経系では髄膜炎
     
    歯周病の予防と治療法

    予防法
    定期的な歯みがき仔犬仔猫のころから、習慣にすることによって
    口の中まで触らせる訓練にもなります
    スプレーや滴下(ジェル)タイプの薬剤の使用
    歯石が付きにくいペットフードを与える
     
    治療法
    歯石の除去全身麻酔をした上で行います
    初期であれば、スプレーや滴下(ジェル)タイプでの処置
    老齢での全身麻酔が難しい場合 内服薬での処置
     
    仔犬・仔猫の頃の真っ白な歯を思い出してみてください。

    白い健康な歯を保ってあげましょう

       

    Copyright (C) 第一犬猫病院 All Rights Reserved.
    福岡県福岡市早良区小田部1-13-13