第一犬猫病院は早良区小田部に密着した動物病院です。

第一犬猫病院

トップページ
dog
猫-cats
鳥とうさぎ-bards&rabbits
病院紹介-hospital

Cats

 

猫。

cats-photo
元々はネズミを捕獲するために飼われ始めたと言われていますが、犬と同じく現在では代表的なペット(コンパニオンアニマル)として親しまれています。

犬と違って、元来単独で行動するのが猫の習性なのでほとんどの品種で猫はきまぐれな性格であると思われていますが、飼い主に忠実なロシアンブルーや、人と遊ぶことが大好きなアビシニアンソマリなど品種によっては犬とよく似た習性を持つ猫もいます。

 

肥満を防ぐには?

猫の適正体重は種類によって異なりますが、一般的に成熟してから1歳程度までの体重と言われています。
そしてこの適正体重から15%を超えた状態を肥満と呼びます。
肥満になると、血の巡りが悪くなるので皮膚病になりやすくなったり,傷が治りにくくなります。
また体重が増えることで関節炎椎間板ヘルニアなどになるなど危険が多くなります。
どれくらいの量が適切な食事量かは歳や季節によっても異なります。
春と秋に食べさせる量を1とした場合、夏は0.8、冬は1.2を食べさせるといいでしょう。
食べさせる食事の量は
kcal×kg
子  猫120×体重
運動量の多い成猫(主に外猫)80×体重
運動量の少ない成猫(主に内猫)70×体重
老  猫60×体重
を目安にするとよいでしょう。
 
肥満状態になってしまった猫を急激にダイエットさせようとすると、肝臓に負担がかかり
肝臓の細胞内に脂肪が蓄積する「脂肪肝」になり、ひどくなると脂肪肝症候群となり肝機能不全を起こします。
しかし、どんなに太っているように見えても成長期の猫に食事制限をするのはNGです。
その場合は食事量を減らすのではなく運動をさせてあげましょう。
気になる時はダイエットを行う前に必ず獣医師にご相談ください。
 

猫の予防接種について・・・

猫の伝染病について病名と症状についてはこちら

残念ながら完治できない伝染病もありますが、大切な愛猫を守るために予防接種をお勧めします。
どの伝染病も死亡率の高いもので、子猫の突然死の原因でもあります
ウイルスによる伝染病に治療薬・特効薬はありません
ワクチンの接種で予防できる病気とは、感染によって命をおとす病気であるということです。
そのためにワクチンを接種することで、体内に抵抗力(抗体という)をつけ、万一感染しても発症しない、
もし発症しても軽症ですむようにするのです。
そのために少しでも様子がおかしいと感じたら、本院でご相談ください

完治しない伝染病についても、早期発見でよい状態を長く保つことができる場合もあります。

さあワクチン注射

成猫の場合免疫は約1年持続するので、毎年1回の接種
ただし、妊娠中は接種できません
子猫の場合生後2ヶ月〜生後3ヶ月の間に1回目の接種
1回目の接種から24週間後に2回目の接種
生後3ヶ月までの子猫は、母親譲りの免疫を持っています。
この免疫があるうちに接種しても効果はありませんが、個体差がありいつこの免疫がなくなるのか分からないため、23回の接種の必要があります
接種後の過ごし方
接種した当日は安静にし、2,3日はシャンプーは避けてください
ワクチン注射をしたからといって、すぐに抗体ができるわけではありません。
できる限り他の猫との接触は避けてください。
ワクチンの副作用について
接種後、猫によっては発熱・元気がないことがありますが、1,2日で回復します
嘔吐・下痢・まぶた等のむくみなどをひきおこすアレルギー体質のネコちゃんもいます
このような異常がみられたら当院でご相談ください。
 
ご不明な点は当院へご相談ください

 
トップページ鳥とうさぎ病院紹介
 
Copyright (C) 第一犬猫病院 All Rights Reserved.
福岡県福岡市早良区小田部1-13-13